音楽コメディの『オケ老人!』を見ました。3世代で見ることが出来る面白い作品です。

荒木源さんの小説『  オケ老人! (小学館文庫) 』を映画化した『オケ老人!』を見ました。

見たのは、U-NEXT で。視聴料金が540円(540p)必要でしたが、ポイントを利用して視聴したので、追加費用無しで見ることができました。

最初、タイトルを見た時、えっ!? 『ボケ老人』と勘違いしたのですが、よく見ると『オケ老人』で安心しました。面白いネーミングだと思います。

写真は1シーン

暴力的なシーン、エッチなシーンは無く、クスッと笑うお笑いシーンが多くて、おじいちゃん、おばあちゃんから孫までの3世代で見ることが出来る面白い作品だと思います。家族団らん時の視聴をお勧めします。

スポンサーリンク

どんな映画、あらすじは?

「ごちそうさん」の杏主演、笑って泣けるハートウォーミング・コメディ

【見どころ】
映画初主演を務める杏が、コメディエンヌとして新境地に挑む。老人ばかりのアマオケメンバーには、笹野高史、左とん平、小松政夫らベテラン俳優が勢揃い。

【ストーリー】
梅が岡高校に赴任した教師の小山千鶴は、ちょっとした勘違いで老人ばかりのアマチュアオーケストラ「梅が岡交響楽団」に入団する。彼女の入団を無邪気に喜ぶ老人たちに、千鶴は勘違いを言い出せないまま、指揮者・野々村の代わりを務めることになり…。

【ここがポイント!】
坂口健太郎、黒島結菜ら若手俳優の活躍にも注目。原作は「ちょんまげぷりん」の荒木源の同名小説。

出典:U-NEXT作品紹介文より引用

感想は?

主演の杏さんは、ヴァイオリンを半年間練習されて撮影に挑まれたそうです。作品中のヴィバルディ『四季』より『春』でオーディションを受ける時の姿は見ている自分も緊張しました。

『年よりはおもしろいだろ、何が起こるかわからないからね』の後のチーン。妹さんへのお祝いの品。達筆すぎて何が書いてあるかわからない団員募集の案内文とコンサートの看板。え~っッ、こんな人がトランペット吹くの~などなど、お年寄りならではシーンもあり、クスッと笑う場面も多かったです。

杏さん演じる千鶴の楽団に入ることとなった勘違いから、同僚高校教師の坂口健太郎さんへの勘違い。話の入り口と出口を勘違いでまとめる面白さもありました。

家族全員で見ましたが、みんな大笑いでした。年をとってもこの作品のなかの老人のように、何かに打ち込むことが出来るのは素敵なことと感じました。好きなことをするのには年齢は関係ない。

3世代で見ることが出来る面白い作品だと思います。

まとめ

音楽コメディの『オケ老人!』は、3世代で楽しめる面白い作品です。家族団らん時の視聴をお勧めします。

参考までに、U-NEXTは31日間無料トライアルを実施中です。興味ある方はまず無料トライアルを実施してから加入を検討されてはいかがでしょうか。
公式サイトはこちら⇒U-NEXT

無料トライアル時に付与される600pを使うことによって、無料にて視聴することが出来ますよ(*^-^)ニコ。

紹介している作品は5月19日時点の情報です。既に配信終了になっている場合もありますので、正式には各サイトの公式HPでご確認願います。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

日本ブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。