映画をお店でレンタルからネットでレンタルに変えると、時間とお金を節約できる。

これまで、お店でDVD、Blu-Rayをレンタルしていましたが、インターネットを介して利用するVOD(ビデオ・オン・デマンド)に加入して、レンタルの仕方が変わりました。

“お店でレンタルする”⇒“VOD(ビデオ・オン・デマンド)でレンタル”に変わり、レンタル行動が具体的にどのように変わったかを比較して書いてみたいと思います。ネットでレンタルを考えている方の一助になれれば嬉しいです。

VODにはどんな会社があり、どんな特徴があるの?という方には、以前、主要なVODを比較した事を書いていますので、併せてお読み頂けると嬉しいです。

自宅で映画・動画を楽しむ!dTV、Hulu、U-NEXT、Amazonプライム、ビデオパスについて比較してみた。
VOD(ビデオ・オン・デマンド)市場が成長中だそうだ、確かに、最近発売されているTVには最初からVODと契約できるようになっているし、スマホ...

スポンサーリンク

お店でレンタルとネットでレンタルの行動を比較してみた

会員になる

お店でレンタルする場合、会員登録して会員証を作りますが、VODでは、会員証はありませんがアカウント登録を行います。

会費

お店でレンタルする場合は、年会費、登録料で500円程度の費用が発生しますが、VODでは、レンタル契約によって異なりますが、見放題契約を選ぶと毎月、定額費用が発生します。1話毎に購入するペイパービュー形式の場合は、定額費用は発生しません。

営業時間の確認

お店でレンタルする場合は、お店が開いている時間に借りなければなりませんが、VODでは24時間、いつでもレンタルできます。

お店に行く

お店でレンタルする場合は、お店に行かねばなりません。自分が住んでいる地方都市は、車が必需品。週末の夕方とかは、駐車場に車を止められずに出なおす事も多々ありました。でも、VODでは、お店に行かなくていいのです。

目的の作品を探す

お店でレンタルする場合は、ジャンル毎の棚を探し、ア、カ、サ・・・の名前順に目で追い、目的の作品を探していましたが、VODでは、パソコン・スマホで検索します。

レンタルする作品がない

お店でレンタルする場合は、新作や人気作の場合は、目的の作品が貸出中で、出直すこともありましたが、VODでは、貸出中はありません。いつでも借りることができます。

レンタルする

お店でレンタルする場合は、カウンターに持っていき店員さんに手続きをしてもらいますが、VODでは、選んだ作品をクリックすることで借りられます。

作品のレンタル料金と支払い方法

お店でレンタルする場合は、新作、準新作、旧作と作品に応じた料金をその都度、支払いますが、VODでは、現金の支払いは発生しません。また、作品が“見放題作品”か“課金作品”により、料金が異なります。“見放題作品”には費用は発生しませんが、“課金作品”は費用が発生します。

支払はあらかじめ登録したクレジットカードからの後日料金引き落としになります。Dポイントや楽天ポイント、Tポイントなど、各社の対応するポイントで代用することもできます。
次のページに進みます。

日本ブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする