深夜、自宅での映画鑑賞対策として、ヘッドホン、イヤホンを接続する延長コード、プラグアダプターがあると便利だよ!

一日の予定がすべて終わり、夜にほっと一息ついて、映画・動画を見るのですが、一つ欠点があります。それは、音をあまり大きくできないことですね。

自宅に専用のシアター室があれば良いのですが、夢のまた夢・・

せっかくなので、スマホやパソコンのような小さな画面ではなく、リビングにあるテレビで見てみたいのですが、大きな音声を出すと、子供達も起きてしまうし、ご近所にも迷惑となってしまいます。

そんなときはイヤホン(元々Iphoneに付いていたもの)またはヘッドホンを使って鑑賞しています。ワイヤレスなヘッドホンとか、重低音の効いたヘッドホンみたいな洒落たものではありません。

でも、イヤホンやヘッドホンのみではコードが短く、画面から近いため逆に見えにくくなってしまうため、さらにちょっとした小物を使っています。

スポンサーリンク

どんなものを使っているの?

音声端子につける延長ライン

大したものではなく、ヘッドホンの延長コードです。3mの物を使用しています。

これを音声端子に接続し、メス側のコネクターにイヤホンを接続するという次第です。

ちょっとしたものですが、これが意外に便利です。ソファーに座ったり、寝そべったりして見ることが出来ます。

複数で見ることができる?

1人で見る場合は上記の通りですが、2人で見る場合は、メス側のコネクターにプラグアダプターを装着し、イヤホンを2本差せるようにしています。
実使用上は全く問題なく。迫力のある音を感じることが出来ていますよ。

テレビとの適正な距離は?

(株)SHARPのHPによると、液晶テレビの最適な視聴距離の目安は、「画面の高さの約3倍」の距離だそうで、40型では、1.5m、52型では約1.9mとのことです。

余裕のある配線の引き回しを考えると、適正距離の倍ぐらいの延長コード長が欲しいですね。
参考までに、http://www.sharp.co.jp/support/advice/aquos/use_01.html

まとめ

深夜の映画鑑賞時には、ヘッドホン・イヤホンを使い迫力ある音声を体感しよう。

その際、ヘッドホンの延長コードとプラグダプターがあると便利ですよ。

延長コード、アダプターは100均にて探すとありますよ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

日本ブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。