自宅で映画・動画を楽しむ!dTV、Hulu、U-NEXT、Amazonプライム、ビデオパスについて比較してみた。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)市場が成長中だそうだ、確かに、最近発売されているTVには最初からVODと契約できるようになっているし、スマホでもアプリで直ぐ見られますからね。

自分が子供の頃、見たいテレビ番組やドラマ・映画を逃すと非常に後悔していた時代に比べると、便利な時代になりました。また、子供の時、良く見ていた番組を大人になっても好きなタイミングで見られるとは、不思議な感じもします。もっと早くこのようなサービスがあれば・・・と思う次第です。

そんな便利なVODですが、会社も多数ある為、いったいどこの会社がどんな特徴をもっているか、どんなサービスを提供しているかわからないですよね。

自分もいくつかの会社を無料トライアルで使ってみて、そして正式に使いつづけてVODの良さがわかってきたのですが、最初は、いろんな会社があるけど、どう違うの?特徴は?という感じでした。

そこで、これからVODへの加入を検討している皆さんへの一助となればと思い、主要なVODについて比較してみましたので、お読みいただけると嬉しいです。o(^o^)o ワクワク

スポンサーリンク

VOD(ビデオ・オン・デマンド)について比較

dTVHulu(フールー)、U-NEXT(ユーネクスト)、Amazonプライムビデオ(※以下、Amazonプライムと略)、ビデオパスの5社について比較しました。

ビデオパスの登録にはauIDが必須となります。 そして、auIDの取得はauの回線契約が必要となります。

1.費用の面からの比較

契約している期間、毎月発生する金額になります。安い方から順位を付けると、以下のような順位になります。

1位:amazonプライム 325円/月(税込)
2位:dTV        500円/月(税抜)
3位:ビデオパス      562円/月(税抜)
4位:Hulu       933円/月(税抜)
5位:U-NEXT    1990円/月(税抜)

amazonプライムは3900円/年(税込)になりますので、1ヶ月分に換算した金額になります。300円代から映画・動画ライフをスタートすることができます。

でも、単純に金額が高い、安いだけではサービスが比較できないので、以降にいろいろなサービスを比較してみます。

2.付与されるポイント数とポイントの利用方法の比較

一部のVODでは、毎月ポイントの付与(還元)があり、そのポイントで各種サービスを利用することが出来ます。付与されるポイントが多い方から順位を付けると、以下のような順位になります

1位:U-NEXT     1200p(1200円相当 2017/6/27より変更)
2位:ビデオパス      540p  (540円相当)
3位:dTV        ポイント無し
3位:amazonプライム ポイント無し
3位:Hulu       ポイント無し

VODでは、月額料金のみで視聴できる“見放題作品”と視聴期限があり作品毎に費用が発生する“レンタル作品”があり、付与されるポイントを使用することで、追加費用無しでレンタル作品を視聴することができます。
レンタルが始まった新作は、ほとんどが視聴にポイントが必要になるので、U-NEXTビデオパスは、ポイント内での視聴であれば、追加費用の発生が抑えられます。

Huluでは、全ての作品が、“見放題作品”になります。

U-NEXTでは、ポイントを“レンタル作品”に利用できるのはもちろん、雑誌、コミック、書籍の購入、映画チケットの購入にも利用することができます。

dTVでは、ドコモのケータイやドコモ光を利用している人は、月々の利用で貯まったd-ポイントを“レンタル作品”の視聴に使うことが出来ますよ。

ビデオパスも同様に、au携帯電話やサービスの利用にて貯まったau WALLETポイントを“レンタル作品”の視聴に使うことが出来ます

3.作品ジャンル・作品本数からの比較

ここは公式サイトの数字の比較になりますが、各社、以下の作品数を公表しています。(2017年3月30日時点の情報です)
d-TV:18ジャンル 12万本
ビデオパス:約1万本
amazonプライム:非公表
U-NEXT:12万本以上
Hulu:4万本以上

カラオケの本数やちょっとした動画なども作品数に含んでいるので、公表数だけでは、差がわかりにくいです。そして、皆さん個々人で好きなジャンルの映画・動画が違うので、無料トライアルを利用し、好きなジャンルが充実しているかをご確認されることをお勧めします。

見たい作品が決まっている場合は、公式サイトで作品タイトルを入力すると、現在、配信があるかどうかを調べることもできますよ。

使ってみての印象としては、Huluは日テレが親会社であることから日テレの国内ドラマが充実しています。見逃しても安心。また、海外ドラマも充実しています。

U-NEXTビデオパスは、実際、統計を取っていなので印象になりますが、劇場公開終了から間もない作品が充実しています。ブルーレイ、DVD販売、レンタルスタートと同じ日に配信が開始されています。

4.無料トライアル期間からの比較

各社とも、無料トライアル期間を設けています。気に入ったVODが有ったら、無料トライアルを利用して、作品の品揃え、保有の機器での視聴の可否を確認されることをお勧めします。 無料トライアル期間が長い方から順位を付けると、以下の順位になります。
1位:U-NEXT     31日間
1位:dTV        31日間
3位:ビデオパス      30日間
3位:amazonプライム 30日間
5位:Hulu        2週間

5.アカウント数からの比較

アカウント数が多い方から順位を付けると、以下の順位になります。
1位:U-NEXT     4アカウント
2位:dTV        1アカウント
2位:ビデオパス      1アカウント
2位:amazonプライム 1アカウント
2位:Hulu       1アカウント

U-NEXTは1人の登録で、無料で3人分の子カウントを作成することが出来るので、家族で利用することが出来ますね。月額料金的には5社の中で一番高い(税抜き1990円)ですが、4人で利用すると500円/人になります。

6.視聴環境からの比較

比較したVODすべて、スマートホン、タブレット、パソコン、TVで視聴することが出来ます。ただ、一部、適応できない機種等もあるので、自分が保有する機種が、対応できるか公式サイトでご確認されることをお勧めします。一部のVODでは、ゲーム機を介してTVで視聴することが出来ますよ。

ビデオパスhttps://auone.videopass.jp/help/about/support.html
Huluhttp://www.hulu.jp/device
U-NEXThttp://video.unext.jp/introduction/device
dTVhttp://pc.video.dmkt-sp.jp/device
Amazonプライムhttps://www.amazon.co.jp/gp/video/ontv/devices

7.その他(映画・動画以外のサービス)について比較

amazonプライムは、なんといっても購入時にお急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えることですね。それ以外にも沢山のサービスがありますが、多くて書ききれません。m(-_-)m

ビデオパス利用者は、TOHOシネマズ全劇場で、毎週月曜日 映画鑑賞料金が1100円になります。また、ポップコーンとドリンクのセットが半額になる特典もあります。
ビデオパスの登録にはauIDが必須となります。 そして、auIDの取得はauの回線契約が必要となります。

U-NEXTでは、雑誌・書籍・コミックを読むことが出来ます。女性情報誌、週刊誌、ビジネス雑誌、女性ファッション誌、男性ファッション誌、サッカー、ゴルフ、自転車、釣り、競馬情報誌などいろいろなジャンルの雑誌が読み放題です。ちょっとしたすきま時間に利用しています。お得感がありますよ。

まとめ

VOD(ビデオ・オン・デマンド)には多くの会社があり、各々が他社と差別化したサービスを提供しています。

各社とも無料トライアル期間がありますので、是非この特典を利用して、自分のライフスタイルに合った、VOD(ビデオ・オン・デマンド)を選定されることをお勧めします。

結局どこが良いの?という事では、自分はU-NEXTに落ち着きました。

参考までに各社の公式サイトはこちらです。

U-NEXT ⇒U-NEXT

Hulu   ⇒Hulu

dTV    ⇒dTV

ビデオパス  ⇒ビデオパス

amazonプライム

VOD(ビデオ・オン・デマンド)を上手に利用して、充実した映画・動画ライフを楽しみましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

日本ブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする